動く村正の動画が大バズリ!

数年前に手に入れた刀(伝 村正)の動画を最近ツイッターにUPした。大反響で4日間で20万回再生を超える勢い。4500RTにほぼ1万いいね!


https://twitter.com/koroho_goshin/status/1129718833713860610



この動画、体重測定をしようと計りに乗せた瞬間、刀が勝手に動いて刃が上を向いたものだ。


不思議に思って何度も横に寝せたのだが、何度やっても刃が勝手に上を向いて手を切りそうになる。



この動画を見て「手で動かしている」と言って手の影の部分を拡大動画にしてコメントする人まで現れた。



この拡大動画に映っている手の影は最初は大きいが、すぐに後ろへ動いて小さくなっている。すなわち、最初は刀を横に寝かせるために茎の端を持っているが、手を放して、その手を引っ込めているということだ。よく観察してもらうと分かる話だが。
※スポンサーリンク





そこで、インチキ呼ばわりしている御仁や疑っている人のためにも他の村正動画をUPした。


https://youtu.be/u3_h8GuElR8






このUPした動画には、茎を掴んで横に寝かせ手を離した瞬間に刃が上を向く様子が映っている。



さらに、私の弟子が「この村正動画について詳しい話をブログで聞きたい人いますか?」なんてアンケートをツイッターではじめた。その理由は、師匠に頼んだのにブログで村正の話を書くのを師匠が渋っているので、世論に訴えてとのこと。



いい弟子持ったわ!忙しいときに(笑)




7月21日は伊勢忍者キングダムで「ガチ甲冑合戦・伊賀攻め」をやるので、参加者募集案内の校正や会議で時間がないのに(涙)


メディアの取材も決まっているのに、すべったら村正の呪い確定だぁ!


ところで、ガチ甲冑合戦の参加者募集は近日中にUPです。 



http://samuraijp.jp/




話を伝村正に戻そう。



手に入れたのは数年前。蔵出しをした古物商から手に入れた。古びた白鞘に「村正」と記されていた。


いかにも怪しい。目釘穴が二つ、のたれ調の刃紋、刃長は約2尺3寸。確か重量が600グラムほどで、研ぎ減っている感があった。


元幅、先幅、反りなどは正確に思い出せない。しかし重ねは厚くなく研ぎ減っているように思えた。茎はかなり削られていて無銘だった。



そこで研ぎなおして竹を斬ってみようと考えた。研ぐためにタオルを刀身に何重にも巻いて握るのだが、なぜかタオルがズタズタに切れていく。ほかの刀でタオルがこんなに切れた覚えがない。



やっと研ぎ終えて直径5cm程度の青竹を斬ってみたが、両手持ちより片手で使うほうが扱いやすい感があった。


手の内をできるだけ柔らかくして、刀にまかせて斬ってみると凄く斬れやすい。



そのうち私の知人のコレクターが欲しいと言い出した。



私にとって重量が軽すぎる刀なので譲って差し上げることにした。



この刀を譲渡してから1か月ほどたって、そのコレクターに確認したいことがありメールを送った。


すると、「3週間ほど前から体調が崩れ調子が良くない。頼まれたことは悪いができていない」との返事が返ってきた。



それから間もなく彼から「あの伝 村正は人に譲った。やはり村正は良くない。手放してしばらくしたら元気が戻った。・・・・」


私は「ばかばかしい。妖刀なんて気のせいですよ。しかも、あなたは徳川じゃないのだから祟られませんよ」と一笑した。



しかし研いでいる途中にズタズタになるタオルや、計りの上で勝手に刃が上向けになる様子が脳裏に浮かび、「誰に譲ったのですか?」とは聞けなかった。



その後、この刀の消息は私にはわからない。いや、わかろうとも思わない。

******スポンサーリンク******